JKT48のオタクになってみた -coba menjadi fans JKT48

JKT48とそのファンを研究対象にしたら自分もミイラになったでござる

ルーキーの急な脱退、インドネシアでも

カントリーガールズの島村嬉唄ちゃん。
彼女を見た人は誰もがみんな彼女に夢中になり、彼女に会った者はみんなその虜になってうわごとのように「うたちゃん、うたちゃん」と繰り返したと言う。
結局、この目でその姿を見ることはなかったが、「うたちゃん」にすっかりやられた知人はたくさん見た。
ハロー!プロジェクトの救世主、地上に舞い降りた最後の天使、やったー!うたちゃんだ!
そんな彼女がある日突然「脱退」、オタクの前から姿を消した。
ありとあらゆる種類の絶望がハロー!プロジェクトとそのオタクを覆い、そのショックは計り知れない程。
『恋のダンスサイト』リリース直後に後藤真希脱退、『スッペシャル ジェネレ〜ション』時代に菅谷梨沙子脱退……いろんな喩えを考えたけど、実際我々はメジャーデビュー直前に村上愛を失ったのを思い出した。

アイドルオタクをやっていると、哀しいけどこんなことは珍しくない。
アイドルちゃんは貴重な1番可愛いキラキラした時期をわざわざオタクに見せてくれて、その為にいろんなものを犠牲にして、見なくていいいろんな汚いものを見せられている。
だから、ある日急にそのバランスが崩れたって可笑しくないし、人間だから永遠に僕らの前に居てくれる訳じゃないのはよくよくわかっている。

アンデラ・ユウォノちゃんの活動休止が発表され、そして突然の別れのメッセージがTwitterで本人から発信された。
フレッシュな3期生、にも関わらず総選挙では4位と文字通りのルーキーで3期生、チームTのみならず今後のJKT48を牽引する存在として期待されていたことは、俄かな新参者である自分にもわかる。
握手会に出席して、予め握手券を購入していた人々、野次馬でなく確かに彼女に逢いたいと思っていた人々、と言葉を交わしたのが今のところ彼女の最後の姿である。
日本でも「今日で辞めました」とか「急ですが本日をもって解散致します」だのの文字列だけで別れを告げられることは少なくないので、握手会に出てくれたのは不幸中の幸い……と言っていいかどうか、その判断ができるほどまだ自分はJKT48のオタクでない。
公式発表の内容だけでなく現状はもっと複雑あるだろうし、誰も気持ちのいい想いはしていないであろう。
それは勿論今回の彼女のケースに限ったことではない。
ただ、短い間でも素晴らしい才能を持った女の子がJKT48のメンバーとして笑顔を見せてくれたことには個人的に感謝したい。

彼女が居なくても「アンデラ」コールは続いている。
握手会のミニコンサートでも「アンデラどこー!」という声を聞いたし(本当に「どこー!」である)、チームT公演『雨のピアニスト』でおきまりの「アンデラ」コールは未だに「アンデラ」。
しかし、先週の公演MCで、筆者のインドネシア語能力による聞き取りだが、エンジェルが「アンデラのことは分かるけどもうコールを変えない?(センターを務めるシャニ・インディラ・ナティオちゃんにあわせて)インディラコールにしようよ!」と言った(と思う)。
「インディラ」コール果たして。

今回の握手会のタイミングでは、彼女を含め3人のメンバーが去ってしまった。
まだメンバーの名前を覚えるなんて考えられないくらいの頃、公式サイトを見ながら思っていたのは「メンバーよく辞める!」だった。
研究生の活動辞退も含めてだが、カタカタの長い名前と「お知らせ」の文字が並んでいるのをよく見ては「JKT48ヲタになったら大変だな…」と思っていた。
「アイドル」という職業がまだスタート地点に立ったばかりのインドネシアで「アイドル」であり続けるメリットが如何程なのか。
正直、日本で「アイドル」になるのとは全然違う道程だろう。
フェニちゃんの夢は何だろう。自分はただ見られるものを見られるうちに観ておきたい。そう思うだけである。

ジャカルタでヲタ芸再考してみた

2度目のJKT48現場観察を経て、現地での「ヲタ芸」について再考している。
前回の訪問時には、日本のヲタ芸スタイルのトレース感、またその再現度の高さに注目したが、時を経て、というより筆者の耳目が些か冷静になったことによって、よりローカライズされたヲタ芸の様子を見ることができた。
個人的に熱望しているインドネシア語MIXこそないが(恐らくこの先もないだろう)、インドネシア語でのコールは確かに存在していた。

中でも1番聞きやすいのは"Siapa?"(誰だ?)コールだろう。
これは日本で言う「俺の」のタイミング、メンバーの名前をコールするタイミングの一拍前に入れる。
インドネシア語で「俺の」に相当する表現があるのか不明だが、基本的に代名詞は後に来るのでメンバーの名前の前に入れることは難しいと考える。
よって「俺の」はインドネシア語でのコールに不向きと考えられるが、そのタイミングに「誰だ!」と入れることによって新しい形に仕上がっていた。
どういう経緯で、いつから、誰が "Siapa" を入れ始めたのかは知る由もないが、タイミングといい、音節といい、「誰だ」に影響を受けていることは間違いないだろう。

そして上記とは対照的に、日本語と同じ意味のインドネシア語を異なるリズムで絶妙に取り入れているコールもある。
"Aku juga" 即ち「俺もー!(ヲレモー!)」である。
Dorothy Little Happy『デモサヨナラ』でより一般化した感もある同コールがインドネシアでも起こっている。
具体的にはチームTの劇場公演曲"Aku Sangat Suka"(邦題『大好き』)で♪Aku sangat suka(大好きなの)と歌った後に"Aku juga" (俺も)「アークージュガー!」と入れている。
因みにこれは前回も見ているはずなのだが、単純にインドネシア語の能力が低いために聞き取れなかった。
日本で『大好き』に「俺もー!!!」と入れているかは未確認だが、入るとしても譜数が違うのでリズムが違うであろうことが予想できる。
「俺もー!」がインドネシア語で表現されるにあたってうまくアレンジされているということである。

他にも「○○ちゃん可愛いよー!」と同様に"~~cantik!"とか、「○○ちゃんどこー?」が"~~ di manaaa?" とか多様な例を見ることができたし、最近国内48系で見られる拍手ケチャが、妙なタイミングではあったりしたが、導入されていたりと興味深い場面が多々あった。
その反面、揃ってMIXしているように見えてよく聞いていると「ジャージャー」しかしてなかったり、日本でもよくあることだが、何となく参加しているという人も少なくない。

何処からヲタ芸が「輸入」されているのか、そのルートは様々だろうし、誰が始めるのか、広めるのか、それとも作るのか、思い付くのか……そのバックグラウンドは、アイドル文化が未定着な分だけ複雑に感じられる。
知人からの指摘では、リフトしていた若者達の1人がTeamくれれっ娘!のTシャツを着ていたとか。
そのボロボロだったというTシャツがどういう流れで彼の身を包んだのか。
今後インドネシアに「アイドルオタク」は増えるんだろうか。インドネシアの潮流の中で「アイドル」が歓迎されるとしたらどの様な意味があるのか、今後も向き合っていきたい。

再度ジャカルタに行ってみる

論文の中間報告を終え、先日のプレ調査を経てようやく本調査の準備、となったものの分析方法が定まらないまま、ついに渡航目前となった。
実に絶望的な状況であるが、ジャカルタの天使ちゃん達が救いの手を差し伸べてくれると信じている。

今回も目的は握手会(HS)と劇場公演が主である。
HSについては、日程発表前だというのに発売と同時にフェニちゃんカードを購入していた。意識高い。
そして検討を重ねて他のメンバーの分も先日購入完了。
アニンことアニンディタ・ラーマ・チャヒャディちゃん、シャニことシャニ・インディラ・ナティオちゃんとは初めての握手になる。
ネット上で多少の交流があったファンベースの若者とも顔を合わせるチャンスがありそうだ。

劇場公演は新体制であるし、KⅢは未見であるので、全チームを鑑賞できればと思う。
(尤も過分なヲタ活は研究の進み具合に左右されるだろうが)

f:id:kamiokamana:20150813093519j:image
天使ちゃん達待っててね。

前回の渡航から約3ヵ月、その間には「組閣」もあったし、ラマダンもあった。
個人的にはインドネシア語の学習も独学(Otodidak)と語学学校で学びを進め、インドネシア事情も分かり始めて来た(と思っている)。
3ヵ月前には、インドネシア語会話のCDを聞き取ることは到底無理だったし、メンバーの名前も今は本名がちょっと頭に入り始めてるなんて信じられない。

日々の情勢を掴むにはまだ至らないが、今回の渡航中にも様々な変化を期待しつつ、若い国のペースについていきたい。

プレ調査してみた

Research for Fans JKT48 :
Kalau tidak merepotkan, tolong jawab ini
Bisa minta bantuannya?

プレ調査の段階だが、インドネシ国内のJKT48ファンを対象にしたクエスチョネアを作成してみた。
ほぼ思い付きと勢いでのプレ調査で、言語に自信はなく、無礼な内容となってはいまいか不安である。
結果は公開の予定はなく、本調査の参考とするに留まるが、個人情報に抵触しない範囲で興味深い結果が得られれば話題にしようと思う。
初の試みで安心できるところは何一つないが、得るものがあればと期待する。

……

そしてわずか30分後、多くの友人のお陰で今回のマックスである100の回答を得た。
オタクへのアンケートは日本でも一部活発で、そのサンプル数の多さは専門家が舌を巻くほど…と聞いてはいたが、実際、それも外国を対象にして目の当たりにすると実に感動的であった。
危うく泣きそうになりながら、調査への希望が湧いてきた。
ご協力、本当にありがとうございました。

Coba pergi ke sekolah bahasa Indonesia

Kemarin saya pergi ke sekolah bahasa Indonesia di Tokyo.
lni pertama kali saya belajar bahasa di sekolah.
Saya selalu belajar bahasa sendiri, jadi menyenangkan sekali!
Kelas itu tidak susah, tetapi guru mengajar kata baru banyak.
Saya ingat "daelah" dan "biaya".
Kami membuat kalimat dengan memakai kata-kata itu.
Muridnya sudah belajar di situ 8 bulan.
Mereka orang yang baik dan ramah.
Saya mau belajar terus. Semangat!

昨日、ついに語学学校に行った。
これまで独学でやっていたので初めてのことであり、やはり相手がいると楽しいということが分かった。
8ヶ月目に突入したという初級のクラスで、難しくはなかったが知らない単語や表現が多々あり、それを使っての作文などして、とても勉強になった。
先生も生徒の方々も、体験の私にとてもよくして下さり、有難い限りであった。
もう少し頑張ろう。


f:id:kamiokamana:20150730223921j:image
Tunggu yaaa Feni chan\(^o^)/
フェニちゃん待っててね\(^o^)/

インドネシア語で数字を勉強してみた

Rekap:Aku tidak ingat nomor...

外国語でとりあえず覚えるべきは挨拶と数字だと学生時代に習った。
ジャーナリストの先生が講師をつとめる授業で、アフリカを中心とした少数民族についての学びそのものも興味深かったが、各国で取材をして来た先生の話は真に迫っていて、20歳そこそこの私にはとても刺激的だった。
その先生が仰るに、現地ではとにかく数字と挨拶が分かれば大きく違うと言う。

なるほど、と思っていたがこれは意外と難儀である。
確かに幾つかの外国語の数字を記憶しているが、大体4か5までしか覚えられない。
英語はともかく、日本で生活している中で自然に入ってきたような数字(イーアルサンスー、アンドゥトロワの類)はそれぐらいまでが1セットだし、リズムの問題か筆者の頭にはどうしてもそれぐらいしか入らない。
幼い頃、ドイツ暮らしをしていた伯母が風呂に入れてくれると10までドイツ語で数えてくれたのだが、当時やはり4までと10しか覚えられなかった。

前出の先生は、アフリカのある地域では日常使用する数字が少なく、1、2、3の後は「いっぱい」だとも言っていたのを思い出す。
やはりそれが人間の自然な程度で、基本それぐらいでいいんじゃないかとも思うが、今のところインドネシアでそれは困る。
最大の理由はシアター入場ビンゴだ。

JKT48劇場に入るためにはインドネシア語の数字が必要不可欠だ。
それも1から25くらいまでは頭に入れておいて、考える間もなく見て聞いて理解できなければならない。
でないと、自分の入場するタイミングが分からず、いつまでも公演を観ることができない。
数字はJKT48のオタクにとって死活問題だ。

研究がうまく立ち行かなくなり、ここ数日は半ば現実逃避的にインドネシア語学習に力を入れているが(今日はついに語学学校の見学に行く)数字の単元で躓いている。
5まで、調子が良ければ6まではスムーズに読めるが、7以降は時間がかかる。
どうしても7以降が覚えられない……
そして1であろうとなんだろうとリスニングとなると全然聞き取れない。
え?今数字言ってた?ってレベル。
全然入場できない。

ちなみに3と4に関しては1や2より先に覚えた。
何なら4はかなり早い段階で知った。
3はGEN3(3期)、4は4Gulaliのおかげである。

f:id:kamiokamana:20150729121616j:image
フェニちゃん、エンジェルちゃん大好きチュッ

しかしこれらの単語も読み方が分からず、動画で見ても聞き取れず格闘した。
3(tiga)は"Berkedip 3 kali"「ウィンクは3回」もあって、聞き取れた時は嬉しかった。

しかし3と4だけ分かっても入場はできない。
未だにコツが分からないが、来月の渡尼までにせめて10までは覚えたい。
f:id:kamiokamana:20150729121945j:image

Coba menulis blog bahasa Indonesia

Saya sudang belajar bahasa Indonesia.  Setiap hari saya mendengar, menbaca dan menulis bahasa, tetapi tidak bicara karena tidak ada orang yang berbicara atau berajar bahasa di dekat saya.
Besok saya akan pergi ke sekolah bahasa Indonesia untuk pertama kali.
Di jakarta, saya sudah bicara bahasa Indonesia sama teman Indonesia.  Tidak pintar tapi menyenangkan sekali!  Akan ke Jakarta bulan depan, jadi mau bicara bahasa sama teman saya lagi.

f:id:kamiokamana:20150729111454j:image

seperti teks ga?
tapi mungkin membuat tersalahan, kalo mencari tolong beritahu aku